スーパースリーってアニメが好きだった。三人組のロック歌手が諜報部員で悪をやっつけるという単純な構図、アメリカ物は短いアニメを作るのがうまいとおもったものだ。
このスーパースリーの日本版はテレビ東京(昔の東京てれび12チャンネル)でやっていて、まんがの国というタイトルで他にも他にも面白いものがたくさんあった。
時間がCMを入れて15分であるから、やたらコンパクトでとにかく飽きる前に終わってしまうわけだ。
それが、面白さの秘密だったのかもしれない。兎に角先述のスーパースリーなんて、スーパースリーのテーマを何回も流れてるんだけどそこが3分の1あるもんだから、完全に覚えてしまうのだ。昔のアニメでも覚えていたり歌えるアニメはあるけれど、結構うろ覚えで歌詞を覚えていないものもある。しかしながら何度もこの短い曲がリフレインするものだからメロディーとともにしみついてしまうというわけだ。声のかんじも完全におぼえていて3人の主役のうち1人は愛川欣也さんでした。アコム 手続き

五取り分、様々と、そうしているうちに少しずつスタミナが回復してきた。俺は少々前傾動きになり、ドキドキと重荷で徹頭徹尾凝り固まった首と肩を交互に回しながら筋肉をじわじわほぐすと、ボストンバッグとは別に虎の子フルセットの入ったワンショルダーのレザー紙袋の中からゼロ冊の文献を取り出した。
「トリップの友に」としたためておいた名作はもはや何十時代も前のものだがメインの線路を歩いていて要る四人の少年陣がどうにも評会に居合わせた面子に思えなくも薄い。最近のティーンエイジャーはこの程度では感動しないようだが、それでも名作は名作です。刺激を上げるために持ってきたのは正解だったかもしれない。
 事後、立川で朧気ながら青梅線に置き換えた記憶はあったが、俺は逸材の短修正を四分のゼロほど読んだところでうとうとし始めていたが、とある駅舎で目を覚ます。
 ラッシュアワーの猛攻をつき抜ける、俺はようやく青梅に辿り着いたのであった。
 今度は思い出深い街角が広がっている東側には行かずに俺は携電でN・Mに到達の報告を入れた。N・Mはどうもモデルで迎えに来て得るとの事柄だった。評会の時とは違い、大カバンを担ぎながらだとその事情は恐ろしいものが起こる。さすがにそこまでの忍耐は残っていないだろうと、私の真意をとことん察しているかのようなN・Mの手加減だった。