ナス、キュウリ、トマト、ピーマンといった夏野菜の1つに、6月から10月にかけて旬を迎えるミョウガがあります。
ミョウガはショウガ科に属する多年草で、日本では本州から沖縄にかけて自生し、ショウガやネギと共に昔から親しまれてきた香味野菜(薬味)です。
ミョウガを食用として栽培する国は世界でも日本だけで、日本固有野菜の一つであり、平安時代から食べられていた記述が残っています。

ミョウガは、地表下に地下茎を伸ばして広がる性質があり、葉の付いた茎に似た部位を地表上に伸ばします。
これは茎ではなく偽茎(ぎけい)と呼ばれています。

ミョウガには、「アルファピネン」という香り成分が豊富に含まれており、食欲増進、消化促進、発汗促進、眠気を覚ます覚醒作用が期待できます。
しかし、生ミョウガには刺激性成分が含まれるため、口や喉にピリピリと違和感を覚えることがありますので、食べ過ぎには注意が必要です。
また、カリウムが豊富に含まれており、体内の余分なナトリウム(塩分)の排出を促し、血圧を下げる作用もあります。

現在スーパーなどで販売されているミョウガの多くが、ハウス栽培されたものです。
ふっくらとして、丸みのあるものが、良いミョウガの見分け方です。
自然に自生するミョウガを収穫する時は、白い花が咲く前のものを選ぶのが良いそうです。

家に持ち帰ったミョウガは、乾燥を防止するために、ラップで包むか、ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。
これで4〜5日は持ちますが、日に日にミョウガの香り成分は薄まっていくので、できるだけ早く食べることをお勧めします。

夏場の食欲不振時には、ミョウガを取り入れて夏バテ防止に努めましょう。ミュゼ lパーツ