2018年に宝塚歌劇団雪組で上演された『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』。宝塚バウホールにて上演されました。この公演は、朝美絢さんの初めてのバウホール公演単独主演作品でした。ヒロインには星南のぞみさんが選ばれました。ポスターには朝美さんと星南さんが掲載されました。作・演出は谷貴矢さんが担当しました。
ヨシツネを朝美さんが、ヨシツネの兄ヨリトモを永久輝せあさんが演じました。ヨシツネのたった1人の従者であるベンケイを真那春人さんが演じました。
星南さんは、奇妙に文明が進み、ツネの妖術により何度出発しても村へと戻ってしまう夢幻の村へとヨシツネたちを導くキツネ憑きの少女ツネを演じました。キツネ憑きのキツネーズを白峰ゆりさん、沙羅アンナさん、羽織夕夏さんが演じました。
ヨリトモの妻マサコには野々花ひまりさんが、ヨシツネの妻シズカには希良々うみさんが、ヨシツネの母親シズカには舞咲りんさんが選ばれました。http://www.fndg.co/mobit/okane.html

お米で、現在普及している上位10種品種というのはかなり品種改良が進んでいるものであり様々な来歴後輩の組み合わせや育成場所、普及地域などなど考えられてそれぞれに特徴的なことがあるということになっています。日本というのはものすごくお米にこだわる国ということになっていますがまさにそのとおりでありものすごく多くの品種改良を行っておりどこでも作ることができるようなものというのを最終的な目標にして寒いところで強いお米というのがやはり人気になっているわけです。米どころであるといえる新潟などは元々そんなにお米が取れるところではなかったのですが開拓に加えて新しい品種のお米を育成していくなどのことによってかなり生産性を高めた、ということがあります。本当に様々な種類の米があり、それは日本国内だけでも相当な数になっているというのがお米という食べ物の品種なのです。ですから、適当に買うのではなく色々と比較してみるとよいでしょう。