リーマン・ショックって、2008年の9月だったんですね。私はあの時も私は投資をしていましたがあれによって激しく金融資産を毀損したわけではありません。
なぜならば、あのようなことが起こる前からいくつもの兆候がありましたが、今よりも投資レベルの低かった私でもポジションを小さくしていましたのであれによって大きくやられるいうことはありませんでした。
それに、下がっていく時に私はポジションを持ってそれをすかさず売るということで少ないですが利益も出すことができました。
ただし、その後株価は兎に角底なしに下がっていったので、大きくポジションを張るのではなく、小さく張って少し上がったらポジションを閉じることを買いでも売りでも繰り返し行なっていました。
あのような相場というのは毎日エキサイティングの割りにあまり儲けが出ないのですよね。それに比べると今の相場とは何もやることはないけれど勝手に含み益が増えていくありがたい相場だと思います。顔 髭 脱毛